2014年1月29日水曜日

長柱の座屈(オイラーの座屈式)

画像は下記URLより。
http://www.archi.hiro.kindai.ac.jp/lecdocument/kozosekkeigaku/kozosekkei_2.pdf

{座屈}の文字に魅かれ、何故圧縮荷重ではないのか?その疑問に直面して様々な文献をITを通じてあさってみました。学びえたのは単に数式の凄さでしかなかった。周期関数として柱の座屈が表現される・・・・。機械設計を手がけていなかったら,この命題の神がかり的な現象の記述に気づくことはなかったであろう。科学技術の進展した現代にあってこその印象です。

参考;http://www.junko-k.com/collo/collo172.htm


0 件のコメント: