2013年12月29日日曜日

バックラッシのために円弧歯厚を減少加工した歯形形状

ホブカッタを円周方向に食い込ませることでバックラッシのための
歯厚減少加工を施したデータ。

理論上のワイヤーカット加工による歯形データ。
切下げ(アンダーカットは生じていない。)

バックラッシのための歯厚減少加工を施した歯車データ。
ホブカッタを中心方向に食い込ませることで加工する。
バックラッシのための歯厚減少量は旧JIS規格の3級による。

理論上の歯形データ。ワイヤーカット加工が可能な環境であれば
こちらのデータを採用したい。

上図は当方の作成した歯形作成ソフトによる検証。

通常、歯車の量産加工においてはバックラッシのための歯形減少加工はホブを歯車中心方向に寄せて加工する(歯先円径は共通)。上の図をみてお分かりのようにホブを食込ませて加工する方法では旧JIS1703の3級の最大減少許容値においてはアンダーカットが発生してしまう。
量産加工でない場合は、本ソフトによるワイヤーカット加工データを採用するべきだろう。

なお、この計算ソフトの検証で大きなバグ(上図に関係する事項)を発見し、ようやくバグフィックスを完了する見通しがたてられた。既にVer2.0を購入された方を含めて最新版を送付する予定です。関係された方々にはお詫び申し上げます。CADによる歯形の確認作業を行って後、テクニカルノート(操作説明書)を修正した後にE-mailにて発送させて頂きます。



0 件のコメント: