2012年12月16日日曜日

Webより:バルブの開閉に伴う衝撃圧力の計算

画像は下記URLより
http://www.codecogs.com/reference/engineering/fluid_mechanics/pipes/water_hammer/compressible_flow.php?showv=1

油圧回路設計を心がけた方ならば、どなたも一度は通る関門の一つが、バルブの急激な開閉に伴う衝撃圧の発生とその対策だろう。この衝撃圧力を計算する式を記述したサイトを見つけた。
この計算式は多分試論の域を出ていないと思われるが、実験設備のある環境下の方であれば実験で確認して欲しい。

私の場合は、この推論と異なって油圧タンクへの戻りライン(タンク側は開放)で175kgf/cm^2の耐圧油圧ホースの金網の露出、ホースクランプの破損という体験をした。)の経験だが、油圧バルブの急激な閉鎖に伴う戻りラインの真空域の発生が衝撃波を発生した、ということが実際のところかも知れない、と、今もって思う。

図に示すように上図では流体の密度、流体内の音の伝播速度をパラメータに含んでいることが新鮮です。私の経験とは全く異なる場面での設定になりますが・・・。

0 件のコメント: