2012年11月10日土曜日

湿潤(擬塑性)流体のレイノルズ数から摩擦係数、圧力損失を求める


USAインガソルランド社のデータベース より引用。
USAインガソルランド社は掘削機械、コンプレッサーなどのトップクラスのメーカー。。
http://ingersollrand.jp/company/

同じく、擬塑性流体(pseudo plastic fluid)のレイノルズ数からの圧力損失計算式。(単位に留意)

Pseud Reynolds Number : 湿潤(擬塑性)流体のレイノルズ数

擬塑性流体(pseudo plastic fluid) 粘性係数が速度勾配が増すにつれて減少する流体。コロイド溶液、塗料、高分子の溶液など、食品ではオレンジジュース、ソース類、マヨネーズ、チョコレート、練乳など。せん断力により流体内部分子同士の結合が切れることによると考えられる。
擬塑性流体のレイノルズ数のデータは現時点では不明。実験にて求めるのが最良と思います。
トマトケチャップなども擬塑性流体ですね。

国内のWEBに擬塑性流体のURLがありました。
兵神装備株式会社
ここの会社の発行するデータハンドブックはお勧めです。





0 件のコメント: