2012年6月28日木曜日

機械材料の選定に関する包括的な基礎知識

画像は下記URLより。
http://www.rs.noda.tus.ac.jp/nog/sekkei1/sekkei03.pdf

応力計算には教科書で学ぶ基礎的な計算知識では全く不十分で、応力集中、疲労限度などの各種のファクターに配慮する必要がある。上記URLのpdfに一通り一読することで現在の日本機械学会の貴重なデータの記述に気づかれるだろう。下図はその一例(真中の項)。最近までこの考え方に気がつかなかった。
追記 下記URLに似たような記事を書いていた。ご参考に。
    但し、回転軸とカテゴリーで記していることに留意。
    http://m-sudo.blogspot.jp/2009/11/blog-post_06.html

0 件のコメント: