2009年6月29日月曜日

制振材 D2052 大同特殊製鋼



画像は下記URLより引用。 (株)大同特殊製鋼
http://www.daido.co.jp/products/seishin/d2052.pdf
制振技術がここまで進展するというのは、正直、凄いと思います。

1 件のコメント:

たかひろ@神戸の技術士 さんのコメント...

違う会社の制振合金ですが、D2052ベースの制振合金のデモを見せてもらったことがあります。
加振力が大きい所に使うと効果が大きいということです。
旋盤の刃物のチャックなどに使うと加工時のビビりを抑えて加工精度、面粗度向上が期待できるとか。

ただしとても高価でした。
競合が増えるとコストも下がって使いやすくなるかもしれません。